きり絵と詩の小屋 あしたみんα 明日見んα

7-2.jpg

「ひとりふたり」

ひとりとひとりの、
密やかな鈴の音の「り」が、
ふたりになるとより高く共鳴しております。