きり絵と詩の小屋 あしたみんα 明日見んα

24-2.jpg

「しかし」

「しかし」が、逆も「しかし」なのは、
自分の見方と相手の見方を併せて生かしたときに、
初めて全体が見えて、「併り(しかり)」になるという事でしょうか?
※しかしは、然し、併しとも書く。※二宮尊徳に「半円の見」という教えがある。